RFワールド No.42 記事関連ファイル
[技術解説] 第9章 全二重OFDM通信を実現する仕組みと実験方法 ダウンロード・サービス
同時送受信ファームウェアの制作




====================================
   RFワールド No.42 ダウンロード・サービス RFW42SDR
     特集 「FPGAによるRF信号処理入門」 の関連ファイル
           CQ出版社 RFワールド編集部
      http://www.rf-world.jp/ http://www.cqpub.co.jp/
        Ver.1.0:RFW42SDR-v1R0.zip 2018年4月28日
====================================

 小誌「RFワールド」をご愛読いただき誠にありがとうございます.
 このアーカイブには,表題の記事の中で紹介されている,以下のファイルが
収録されています.詳しくは該当記事をお読みください.

■収録ファイルと収録フォルダ
▽ファイル:PRFX-1_V1.1.pdf 
  SDRボードの回路図
▽ファイル:IQマクロ.xls [第8章]
  受信機のコンスタレーションダイヤグラムモニタに使用するExcelマクロ 
▽フォルダ:LED_ON_OFF [第3章]
  スイッチでLED明滅を切り替えるFPGAファームウェア
▽フォルダ:DAC_1MHZ [第4章]
  DACから1MHzのSIN,COSを発生させるFPGAファームウェア
▽フォルダ:OFDM_QPSK_TX [第6章]
  送信機FPGAファームウェア
▽フォルダ:OFDM_QPSK_RX [第7章][第8章]
  受信機FPGAファームウェア
▽フォルダ:OFDM_QPSK_TX_RX [第9章]
  送受信機FPGAファームウェア
▽フォルダ:OFDM_QPSK_TXRX_with_LB
  1台のみで動作チェックをできる機能を追加した送受信機FPGAファームウェア
▽フォルダ:PRFX_1_PC [第6章][第8章][第9章]
  408kbpsの送受信データやり取りのためのPCソフト

■FPGAファームウェア全般について
 QuartusPrime17.0LiteEdition環境にて作成しています.17.0より前のバージョン
では正常に開けないことがありますので,17.0以降のバージョンをお使いください.
 プロジェクトを開く際には,フォルダ内にあるプロジェクトファイル(*.qpf)を
開いてください.

■FPGAファームウェア「OFDM_QPSK_TXRX_with_LB」について
 誌面で説明した送受信機ファームウェアに1台のみで動作チェックのできる機能を
追加しています.適宜アッテネータを経由してTX-SMAとRX-SMAを接続して,SW1とSW2を
同時押しすることで,1台のみで動作チェックする機能が働きます.1台のみで動作チェ
ックする機能が作動中は,DACは中心周波数375kHzのOFDM信号を発生させ,ADCに入る
OFDM信号を中心周波数375kHzとして復調を行います.1台のみで動作チェックする機能
が動作中はインクリメントパターンを送信しますのでLED3が点灯することにより
正常動作を確認してください.
 また,誌面で説明した送受信機ファームウェアに,シンボル同期判定機能が誤判定
しないようにする仕組みを追加しています.自身のボードから出た送信信号が受信に
回り込んで,シンボル同期判定機能が誤判定する場合があります.シンボル同期機能で
検出したフレーム(100シンボルで1フレーム)の周期が,自身の送信信号と同期して
いる場合は,シンボル同期として検出しないようにマスクしています.

■PCソフトPRFX_1_PCについて
 PRFX_1_PCフォルダにはVC++6.0のプロジェクト一式が入っています.VC++6.0環境
にてすぐにビルドできます.VC++6.0で開く際には,ワークスペースファイル
(PRFX_1_PC.dsw)を開いてください.ソースコード類(main.cpp,devFTDI.h,
FTD2XX.H,FTD2XX.lib )をコピーして,その他の開発環境でビルドすることも可能です.
 ビルド済みの実行ファイル(PRFX_1_PC.exe)を同梱しています.また,送信機の
デバッグに活用いただけるように,デクリメントデータが入った1MBのバイナリ
ファイル(decliment.dat)を同梱しています.

■Excelマクロについて
 Excelのマクロを有効にするにはExcelのセキュリティの変更が必要です.セキュリ
ティの変更手順を説明します.Excelのメインメニューの,ツール→オプションを実行
して,「オプション」ダイアログを開きます.次に,「オプション」ダイアログの
「セキュリティ」タブを開いて,「マクロ セキュリティ」ボタンをクリックして,
「セキュリティ」ダイアログを開いてください.「セキュリティ」ダイアログで,
セキュリティレベルを「中」か「低」に設定するとマクロを使えるようになります.
セキュリティの設定が終わったらExcelの再起動が必要です.
 Excelマクロ作成に際して木下清美氏(http://www.activecell.jp/)作成のCOM通信
のライブラリを使用させていただきました.この場をお借りして御礼申し上げます.

■著作権について
 本ダウンロード・サービスに収録してあるプログラム,データ,記事,ドキュメント
には著作権があり,また産業所有権が確立されている場合があります.個人で利用
される場合以外は,権利者の承諾が必要です.

■免責事項
 収録された回路,技術,プログラム,データを利用して生じたトラブルに関して,
 CQ出版株式会社ならびに著作権者は責任を負いかねますので,ご了承ください.

■更新の記録
Ver.1.0: RFW42SDR-v1R0.zip
 このアーカイブは前号(RFワールドNo.41)のダウンロード・サービスである
RFW41SDR-V1R0.zipの修正を含んでいます.修正箇所は下記のとおりです:
(1) 回路図の訂正(訂正内容は回路図PDFに記載の更新履歴を参照ください)
(2) FPGAファームウェア「OFDM_QPSK_TX」の訂正
 →ADF4350のレジスタ設定の誤りを訂正
 →AD9117にDDRで信号を送る際のスキューを変更
(3)FPGAファームウェア「OFDM_QPSK_RX」の訂正
 →ADF4350のレジスタ設定の誤りを訂正
 →judge_incrementモジュールのミススペルを訂正
(4)FPGAファームウェア「OFDM_QPSK_TXRX」および「OFDM_QPSK_TXRX_with_LB」を追加

Copyright (C) 2018 R. F. Architecutre Co., Ltd.
Copyright (C) 2018 CQ Publishing Co., Ltd.

以上