■訂正とお詫び
 小誌におきまして下記の箇所に誤りがございました.ここにお詫びして訂正いたします.

RFワールド No.15

(更新:2012年6月22日)
●折り込み付録A 無線LAN/WAN/PANなどの周波数チャートW
WLANのIEEE802.11a/b/g/nの欄にある5.6GHz帯は5.470〜5.725GHz

(更新:2012年5月28日)
●折り込み付録A 無線LAN/WAN/PANなどの周波数チャートW
WWANのチャネル帯域幅の欄で,MCモードの帯域幅は625kHz/キャリア

(更新:2011年9月16日)
●第3章 衛星システムの構成
p.46,式(2)のP(EIRP)Eは,正しくはP(EIRP)S
その次のP(EIRP)E:地球局のEIRPは,正しくはP(EIRP)S衛星局のEIRP
●第6章 衛星通信の回線設計
p.81,式(1)の1行目にある−Gsは,正しくはGs

(更新:2011年9月1日)
●折り込み付録A 無線LAN/WAN/PANなどの周波数チャートW
上部の周波数バーグラフにおいて日本の4900〜5000MHzはIEEE802.11gではなく,正しくはIEEE802.11j

(更新:2011年8月26日)
●特集 イントロダクション
p.12,左↓2行目;INTELSAT WA号は6機製作されて…

(更新:2011年8月9日)
●特集 第1章
p.17,表1,三菱電機の衛星バスはM2000ではなく,正しくはDS2000
p.18,左↓19行目;「最も大きな外乱は太陽放射圧であり,」

(公開:2011年8月2日)
●特集 イントロダクション
p.10,表1,左欄;「1975 昭和50 INTELSAT W号打ち上げ」は誤りで,正しくは「1971 昭和46 INTELSAT W号打ち上げ」
p.10,表1,左欄;「1981 昭和56 米国SBS社が…」は誤りで,正しくは「1980 昭和55 米国SBS社が…」

●特集 第1章 Appendix 宇宙の利用空間の広さ
p.25,表3,衛星速度の単位「km/s」は誤りで,正しくは「m/s

●特集 第2章 日本の通信衛星の開発経緯とその成果
p.27,左↓6行目;開発を行い.1988年2月に…
p.42,左↓7行目;図21はスカパーJSAT社が…

●特集 第5章 地球局の基礎知識
p.80,写真7のキャプション;ドイツのアマチュア無線衛星の…

●特集 第6章 衛星通信の回線設計
p.84,表2,ダウンリンクの送信に関する「伝搬損失」は209.4dBWではなく,正しくは209.4dB